サラリーマンの収入でも、資産1億円を作ることは充分に可能です。

http://issytomo.com/ad/01.heml

サラリーマン収入でも「時間」を見方につける事が出来れば、現実的に資産構築は可能です。

毎月5万円を積み立てて、30年で1億円を築こう

毎月5万円を積み立てて、30年で1億円を築こう!
これはとある投資助言会社のCMで使われていたキャッチコピーです。残念ながらこの投資助言会社は行政処分されてしまいましたが、この考え方は農耕民族の日本人には、あまり思いつかない考え方ではないでしょうか。

単純に5万円を30年間積み立てたとしたら、5万円×12ヶ月×30年=1800万円ですよね?1億円には遠く及びません。しかし、「とある数字のトリック」を利用したら、1800万円が1億円になってしまうのです。おいしい話には裏があると言われていますので、怪しいと思う方ほど、内容をしっかり確認してこのページを読み進めていただければと思います。

最初に「とある数字のトリック」の答えを発表してしまいます。ズバリ!複利運用するということです。相対性理論で世界的に有名な物理学者、アインシュタインが、とあるインタビューで『数学の歴史上、最大の発見は何か?』と聞かれた際、『それは複利である。』と答えたと言われています。あのアインシュタインが歴史的発見とまで発言した複利には、どんな数字のトリックが隠されているのでしょうか。

まずは単利と複利の違いを理解しよう

利息計算する時に、単利と複利というワードを使います。単利が『元本のみに利息がかかる計算法』なのに対し、複利は『元本に利息を加えたものに利息が掛かる計算法』の事を言います。コレだけではわかりにくいので、ケーススタディで例を挙げてみましょう。

仮に『元本100万円を年利5%で10年間運用する』とします。100万円の元本に対して年利5%なので、1年間の利息は5万円です。単利の場合は元本のみに利息計算をするので、毎年5万円ずつ利息が積み重なり、10年で50万円の利息になります。元本100万円で50万円の利息なので、コレだけでも充分すごいですよね。

一方の複利ですが、1年目は同じく100万円に対して5%の年利なので、5万円の利息になります。2年目は100万円の元本と利息の5万円を足した105万円に年利の5%が加わるので、110万2500円になります。単利より2500円多い計算になりますね。コレを10年間繰り返すと162万8895円になります。単利に比べ、約13万円も多い結果となりました。

今回のケーススタディでは10年で計算しましたが、この期間が長くなれば長くなるほど複利の威力は増していきます。例えば上記の例で比較したら、30年で単利の場合は250万円になりますが、福利の場合は約432万円になります。

毎月5万円を積み立てて30年間複利運用すると・・・

単利と複利の違いは理解していただけたと思いますが、複利に積み立てをプラスすると、増大するスピードはさらに増して行きます。ケーススタディで説明するとわかりやすいので、『100万円を年利5%で運用』を『単利』『複利』『複利プラス毎月5万円積み立て』で比較した一覧表をご覧ください。

単利 複利 複利プラス
毎月5万円
5年 1,250,000 1,276,282 4,757,429
10年 1,500,000 1,628,895 9,552,967
15年 1,750,000 2,078,928 15,673,423
20年 2,000,000 2,653,298 23,484,848
25年 2,250,000 3,386,355 33,454,427
30年 2,500,000 4,321,942 46,178,416

『複利プラス毎月積み立て5万円』の増大力はものすごい事がおわかりいただけるかと思います。実はこの計算式には裏があり、1年目は『{100万+60万(5万円×12ヶ月)}×5%』で計算しました。実際には毎月積み立てになるので、こんなに机上の計算通りには行きませんが、増大力をわかりやすくするためにあえてこの計算方法で掲載させていただきました。


上記のケーススタディの様に5万円を毎月積み立てて、複利で年利10%で30年間運用すると1億円になります。年利10%で運用するのは大変ですが、決して出来ない運用率ではないかと思います。

年利10%を達成するために、オススメはFXです!

銀行の定期預金の金利が1%を大きく下回る時代に、10%の年利を目指すのは容易ではありません。しかし割と安定的に10%以上の年利を稼ぐ事は不可能ではありません。私がオススメするのはFXです。FXはここ数年で個人投資家が参入して、そして多くの退場者も生み出しました。

FXの魅力の一つにレバレッジがあります。レバレッジとは『てこの原理』にたとえられますが、資金の何倍ものお金を運用することが出来るのです。レバレッジは毒にも薬にもなるのですが、退場者は全員、レバレッジを掛け過ぎた結果、損失に耐えられずに退場しています。

私はレバレッジを、よく自動車のスピードに例えます。例えば10キロ離れた場所に徒歩で行こうと思えば大変です。でも自動車で行けば楽に行けるわけですが、レバレッジをかけすぎてしまう人は時速100キロオーバーで運転しているようなものです。当然、事故を起こす可能性は高まるわけですね。時速30キロとかで安全運転したとしても、徒歩より確実に早く、安全に目的地にたどり着くことが出来ます。この感覚わかりますか?この感覚がわからない人は、FXをやるべきではないかも知れませんね。事実私は、FXを始めてから10年近く経ちますが、レバレッジを2倍以内とルールを決めています。結果的に年単位で損失を出した年はありません。

ただ、無知の状態でFXを始めることは危険です。各FX業者にも初心者howtoページがあるので熟読しましょう。FX初心者用の本を1冊位購入してみてもいいかも知れませんね。一番売れてる投資の雑誌ザイが作った 10万円から始めるFX超入門―初心者は1000通貨で安心スタートがわかりやすいかも知れません。

オススメのFX業者はSBIFXトレードです!

おすすめのFX業者はSBI FXトレードです。SBI FXトレードはスプレッドが小さいので他の業者より経費が掛からないのはもちろんですが、複利運用する上で、圧倒的アドバンテージとなる点があります。他のFX業者は10000通貨単位や1000通貨単位からの取引になる事が多いのですが、SBI FXトレードは1通貨単位からトレードすることが出来ます。利益を再運用する複利運用は、利益を運用するので取引通貨単には低ければ低いほど有利に運用することが出来ます。

FX業界には派手な話が多く出回りますが、それらの話に惑わされること無く、ゆっくりと確実に利益を積み上げていけば、将来的にものすごく大きな資産を築く事が可能です。どうか焦らず、ゆっくり、複利運用で資産を構築してください。