TOP > 屋久種子日記

屋久島,種子島

屋久種子日記
〜屋久島・種子島の旅日記〜
2004年夏、僕は神秘の森にいた。


7月16日

旅にトラブルはつき物だ。しかし家を出てすぐにトラブるとは思わなかった。
まず、羽田まで鈍行列車で向かうのだが、事故か何かで電車が動かなかった。もちろん飛行機の時間があるので行かないわけにはいかない。とりあえずは、小山遊園地の近くの駅までは鈍行で行けた。そのあとは仕方がないので新幹線に乗った。いきなりの予定外の出費。

とりあえず飛行機には間に合って、羽田から福岡へ。福岡からは車で鹿児島まで向かった。

これが結構遠い。いや、めちゃくちゃ遠い。途中で渋滞にはまりまったく動かなくなり、道を探したりしながら夜通し運転していた。



7月17日

フェリーターミナルに着いたけどまだ開いていなかった。しかも結構な数の人がいる。連休の初日だし仕方ない。フェリーに乗り込んだときには二等寝台はすべて占領されていた。

とりあえず映画館が開放されていて、うとうとすること約5時間。屋久島が見えてきた。

やがて着岸し、屋久島に上陸。天気はピーカンだったけど、それほど暑くなった。まず、観光案内所に行って入山登録を済ませ、車でトローキの滝へ向かった。

屋久島の人の車の運転はマジでゆっくり。島時間が流れている。僕も一緒になって島時間を満喫した。

とりあえず時間があったので「トローキの滝」「千尋の滝」「大川の滝」に行った。
まぁちょっとしたトラブルなどはあったけど、滝マニアのいっしーとしては見れてよかった。

この日から2日間泊まる深山荘。結構標高の高いところにあって、海が一望できる最高のロケーション。しかもこの宿には五右衛門風呂がある。これがめちゃめちゃ気持ちいい。五右衛門風呂に入りながら海を眺める。マジでサイコーだった。料理もうまかったし言う事なしです!


トローキの滝 千尋滝 大川の滝
日本の名水100選
大川湧水
道に咲いていたハイビスカス パッションフルーツ




7月18日

今日はこの旅の目的と言っても過言ではない「縄文杉」を拝みに行く。
推定樹齢7200年。しかもまだ行きつづけている。地元の杉並木の杉ですら大きいと感じていた。おそらくそれをはるかにしのぐ大きさであろうと思われる。見ておかねば。

縄文時代にタイムトリップするまでには約4時間のトレッキングが必要になる。ガイドブックには往復で9時間見ておいたほうがいいと書いてある。日没から逆算すると、早起きしなければならない。とりあえず5時におきて、「日の出弁当」という弁当屋さんで弁当を買って、バスにのり登山口まで行った。

さて出発。登山道ははじめの2時間がトロッコ列車の線路を歩き、そのあとは山道を登る。人がかなり多かった。休憩したのは見物ポイントくらいのもので、どんどん追い抜いていった。縄文杉についた頃には先客が10人くらいしかいなかった。おそらく途中で200人くらい追い抜いてしまっている。

下山はペースを落として行ったが、それでも3番目くらいに下山してしまい、7時間くらいで往復してしまった。バスがくるまで1時間は待った。もうちょっとゆっくり行けばよかったが。


ウィルソン株
ちょっとわかりにくいけど・・・。
ウィルソン株の中から上を見ると・・・。 縄文杉。
トロッコ道
ここを歩いて行きます。
錆びたトロッコから杉の若芽が生えています。 屋久しか
フツーにいます。





7月19日

今日も早起きして種子島に向かう。フェリーの時間が7時なのでまたまた早起き。とりあえず深山荘をチェックアウトして、フェリーに乗って種子島に行った。

種子島ではレンタカーをするのだが、僕がついた時間にはレンタカー会社がやっていない。レンタカー会社は「カギを車の中に入れっぱなしにしておきますので」とのことだった。フェリーターミナルに到着すると、借りる予定のパルサーがすぐに見つかった。カギはかかっていなくて、車の中にカギがあった。超適当。なんかこの適当さが好き。

まず、種子島のサーフショップで有名なORIGINに行ってサーフボードを借りる。時間が早かったのでやっているはずもなく、オーナーがいっしょの美春荘に顔を出し、板を借りれた。

ちょうど波がない時に行ってしまったようだ。ここ数日ないらしい。とりあえず島を南下して、種子島宇宙センターの近くまで行ってみた。小さいけど波が立っている。サーファーもちらほらいる。よかった。せっかく種子島まで行って何もしないで帰るのはシャクだ。

その前にとりあえず宇宙センターに行った。驚いたのがここの入場料が無料ということだ。おそらく税金で運営されているのであろう。ちょっと得した気分。その後海に行き波乗り。いや、正確には乗れていないのだが・・・。でも種子島のサーファーは感じがいい。本州とかで僕みたいな下手なやつが入っていると邪魔者扱いされるけど、種子島ではそんなことはなかった。いつでもいい波が立つので、波に対しては貪欲ではないという話は聞いたことがあるが、あのくらい余裕もってやれるのがうらやましかった。あの環境なら初心者がレベルアップするのは早いと思う。


いわさきホテル前の海 種子島から九州がうっすら見えた。 なんかこの画像好き




7月20日

映画「もののけ姫」の舞台になった森がここにある。白谷雲水峡の登山コースの先にある。とりあえず登山なので今日も早起きして行くことになった。

観光ガイドでは往復5時間と書いてあった。縄文杉のコースよりは全然短いので気分的には楽だった。しかもはじめの頃は歩道も歩きやすく、かなり楽。先にきついほうを体験しておいてよかったと思う今日この頃。

もののけの森を進み、ちょっと激しめの山道の先に太鼓岩がある。ここの眺めはマジサイコー。パノラマが広がり、心地よい風が吹く。

下山後島を北上し、いなか浜へ行った。海がめの産卵で有名なビーチだが、時期的にはちょっと遅いらしい。とりあえず海は超キレイ。南の島のリゾートチックな海の青さ。しかも人がほとんどいない。ビーチに10人くらいしかいなかったのではないだろうか。水中眼鏡をして巣潜りで泳いだけど、水がすごくキレイ。水温はぬるかったけど気持ちよかった。



もののけの森 太鼓岩でくつろぎ 海岸の温泉





7月21日

今日、屋久島を発つ。お昼のフェリーなのでちょっと時間があったので島を南下し、屋久島フルーツガーデンに行ってみた。結構遠くて時間がかかってしまい、ゆっくりすることができなかったが、入園料500円で、フルーツの試食が付いている。かなりのお得感。

それからフェリー乗り場まで戻り、

鹿児島→福岡→羽田→家

と帰っていった。長かった。



「1ヶ月に35日雨が降る」と言われている屋久島。僕が行く1週間前からずっと雨が降らず、僕が滞在している時も全く雨が降らなかった。よほどの晴れ男が滞在していたのであろうか。雨に降られた屋久島も見てみたかった。でも、自然のパワーのすごさに魅せられてしまった。お金があれば釣りとかしてみたかったけど、これは今度の機会にということで。





M E N U
海外スノーボード日記
ニュージーランド / カナダvol1 / カナダvol1.5 / カナダvol2
国内ゲレンデガイド 北海道 / 東北 / 関東
海外ゲレンデガイド ニュージーランド / カナダ / アメリカ


いっしーはこんな奴

下野国掲示板

リンク


スノーボードコラム
ニセコ
パウダーの魅力
はじめてのスノーボード
ゲレンデマナー
怪我とスノーボード
メンテナンス
山篭りHOW TO
はじめての海外トリップマニュアル
海外トリップのために
雪道運転マニュアル
天気とスノーボード

etc日記

カナダvol2のつづき

屋久種子日記