TOP > ニュージーランド日記

スノーボード,スノボ,ニュージーランド

ニュージーランド日記
初の海外トリップとなったNZ。赤道を越えたそこに待ち受けていたものとは?

2001年の9月5日から9月18日までニュージーランドに行って参りました。テレビ番組でニュージーランドでヘリスノーボードをしている映像が流れているのを見て衝撃をうけてしまい行く事を決意。初めての海外一人旅だったが不安はなく、むしろ期待のほうが大きかったかな。さてさて、どうなったのでしょうか?

9月5日 フライトのみ
フライトの時間が午後の8時55分だった為、特別何もありません。
空港で食べたとんこつラーメンがうまかった(笑)。
飛行機の中は全室禁煙だったのにトイレでタバコを吸った人がいたみたいで、ちょっとした騒ぎになっていた。
座席の両隣がスノーボーダーで、スノーボードの話題で盛り上がった。

9月6日 → クライストチャーチ → クイーンズタウン
長っ!フライト長っっっっ!腰痛くなった。エコノミー症候群もわかる気がする。
どうにかこうにかクライストチャーチに着いた。クライストチャーチで入国審査を済ませた。ちなみにNZは入国審査が厳しい。家畜で支えられている国なので、新しい病原菌などが入り込んでしまうとかなりのダメージになるからだ。以前にラグビーの選手がスパイクに土がついていて、それを申告しなかったために200NZ$(約12000円)罰金が課せられてしまったらしい。
入国申請書のわからなかったところを書かずに申告したら、入国審査官が職業欄に”SONW BOARDER”と書いていた。どうでもいい事だけど、なんかうれしかった(笑)。
で、飛行機を乗り継いでクイーンズタウンに到着。街の感想を一言で言うと、日本車が多い。おそらく日本と同じくらい日本車が多い。それと信号が一つもない。そして街の至るところでヒッチハイクをやっている。
小さくまとまった街で生活には困らないと思った。
深夜番組でX-SPORTSの番組がやっていた。その番組の中で見覚えのある映像が流れた。格闘技の「PRIDE」だ。PRIDEがNZで見られるとは。(いっしーは筋金入りの格闘技マニア)

9月7日 トレブルコーン
トレブルコーンはクイーンズタウンからバスで2時間半くらい。結構遠いので朝早くバスを待っていたら元イモ欽トリオのあの人がいたような気がしたけど・・・。
トレブルコーンを一言で言うと「山」
スキーヤーがガッツリ滑っているのには驚いた。日本では見られない光景だと思った。もちろんスノーボーダーも熱い。現地のスノーボーダーも熱いが、日本人のスノーボーダーも負けず劣らず熱かった。
人性初のTバーにも挑戦してみた。不覚にも1本目にクラッシュしてしまった。あれは恥ずかしかった。2本目はどうにか上まで行けて、ハイクしてピークまで行った。
ハイクに30分位かかってしまったが、ピークに到着すると、そこには絶景が広がっていた。2週間ぐらい雪が降っていなかったらしく、雪質が良くはなかったが、かなり気持ちよく滑る事が出来た。

9月8日 カードローナ
トレブルコーンよりはちょっと近いカードローナに行く事に。が、ちょっとしたトラブル発生。前の日に乾かしておいたグローブを忘れえてしまったのだ。人生2度目のノングローブになってしまった。ちなみに1回目は初めてスノーボードをやった時の事です。
カードローナはパークもパイフもあって、飛行機が一緒だった人の話だと、クイーンズタウンから行けるスキー場では一番人気があるらし。
リフトが一緒になったオージーがとにかくうるさかった。「まぁいいや。」と思い一緒にさわいだのだが・・・。
食堂に行って、ケチャップ、マスタード、BBQソースをいただいてバックパックに入れておいたら、リフトに乗るときに重みでクラッシュさせてしまった。マジ最悪。
あとで知ったことなのだが、ケチャップなどは有料だった。俺、万引きしちゃった。

9月9日 ヘリスノーボード
ついにやってまいりましたこの日が!テレビで見て以来夢にまで見たこの日が!この日のためにNZに来たと言っても過言ではありません。テンションがあがらないわけがありません。
この日の参加者は8人で、日本人が僕のほかに2人、スノーボーダーは僕のほかは1人。4人の2パーティーだったけど、日本人とスノーボーダーは別パーティーでした。
雪が降っていなかったのでパウダーとは行かなかったけど、とても気持ちがよかった。所々岩がむきだしになっていて、少し恐かったけど、なれてくるとオーリーで超えてみたりして遊んでいた。
また昼食付きだったのだが、これもよかった。NZでは節約のためにスーパーで食材を買ってきてサンドウィッチなどを作って食べていた。この日は雪上のバイキングで、NZに来てから一番豪華な食事になった。
ガイドも同行の人もみんないい人でかなり楽しかった。欲を言えば、パウダーだったらもっと良かったのだが・・・。まぁNZでパウダーを望むのは難しいのでヨシとしましょう。

9月10日 リマーカブルズ
前日にヘリスノーボードやっちゃたからってスノーボード熱は冷めていません。この日はクイーンズタウンから見える山の反対側にあるゲレンデのリマーカブルズ。
ここに行くまでのバスが恐かった。ゲレンデは山の上のほうにあって、そこまでの道は崖みたいになっているのだが、わざとギリギリのところを通る。乗客の女の子が悲鳴上げていたもん。
あと、NZ版「落石注意」の看板に誰かが落書きしていて、「インディー」の看板になっていた。
駐車場とセンターハウスの間に初心者の練習コースがあったが、リフトではなく空港にある動くレールみたいなやつだった。
日本人はこのゲレンデにパークかパイプをメインに行くみたいだけど、個人的にはフリーランが面白かった。これはNZのゲレンデ全体にいえることだと思うケド、雪質は良くないけど、地形が面白い。この日もハイクしてピークまで行ったが、クイーンズタウンがとてもキレイだった。そして偶然にも前日のヘリスノーで一緒だったスノーボーダー(名前、国籍、年齢全て不明。性別男)と会った。あっちも覚えてくれていて、1本だけセッションした。帰りのバスで爆睡してしまって、乗り越してしまった。運転手さんに起こしてくれて、わざわざ送ってくれた。やさすぃ・・・。

9月11日 コロネットピーク
朝スキーロッカールームに行くと、行きの飛行機で一緒だった人が帰りの準備をしていた。その人から「PLANETZ」の事を聞き出した。PLANETZとは、日本人経営のテイクアウト専門の丼の店で、知ってはいたが場所がわからず食べる事ができなかった。この時点でこの日の夕食決定。
コロネットピークはクイーンズタウンから一番近いゲレンデ。小さいゲレンデだけど、パークやパイプがしっかりしている。リフトの途中から乗車できる珍しいリフトもあって、雰囲気もいいカンジだった。
NZに来てから節約のためにほとんど昼飯食ってなかったけど、ホットドックがどうしても食いたくなって食ってみた。すると、唇が切れてしまった。というのは、NZは紫外線が日本の7倍の強さで、しかも毎日ピーカンだったので激しく日焼けしていたのです。唇まで激しく荒れていたので、口を大きく開けると唇が切れてしまうのでした。
夜はさっそくPLANETZに行って「サーモンライス」を買って、ワカティプ湖の防波堤に座って食べてみた。うまい!!!マジうまい。サーモンにマヨネーズがかかっていて一瞬笑ってしまったけど感動するくらいうまかった。

9月12日 バンジージャンプ
クイーンズタウンはバンジージャンプの発祥の地。クイーンズタウンの圏内だけで4つのジャンプスポットがある。日本でも小さいバンジやった事あるけど、本場で100bオーバーでしかもつり橋ときたらやるしかないでしょう。
クイーンズタウンにショップがあって、そこから四駆に詰め込まれて悪路を進んでいく。多少車酔いしながらジャンプポイントに到着。
体重を量って、つり橋の上へ。さすがにビビリました。ジャンプの前に恒例の儀式みたいなものがあって、ギャラリーに向かって叫ぶ。これは落ち着かせる為の儀式のようだ。そして、「あれっ?」って思うくらいサックリカウントダウンが始まっていた。
FIVEFOURTHREETWOONE
なんか訳のわからない奇声を上げながら飛んだのを覚えている。
「うわっ、落ちてるよ」って感じるくらい冷静だった。
ホント一瞬の出来事なのだろうが、これはかなり良かった。今もう一回やってもいいって言われたら俺やるかな?

9月13日 スカイダイビング
クイーンズタウンではスカイダイビングが日本の約半額で出来る。せっかくだからやっておこうと思った。
クイーンズタウンから車でポイントまで行き、ジャケットを着て飛行機に乗った。飛行機が上がるにつれて緊張が高まっていった。やっぱり飛ぶ前は緊張するものだ。
いざ飛んでみると、たいした事なかった。前日やったバンジージャンプのほうが面白かった。景色はすごくきれいだったけどね。

9月14日 カードローナ
この日はもう一度カードローナに行ってみた。雪は全然降っていなかったのに前回より良く感じた。クロスのコースで滑っていたら、競争みたいなカンジになってしまい、やっぱり負けたくないから頑張ってしまった。
カードローナの食堂のピザがうまいと聞いたので食べてみた。感想、冷めてる。

9月15日 歩いた
この日は歩いた。
最初から決めていた。他の人がやらないような事をやろうと。クイーンズタウンの隣町、20`以上離れたアロータウンまで歩いて行こうと。
とにかく歩いた。見えるものは山、草原、羊。コロネットピークを下から拝んで歩いた。クイーンズタウンを出発してから4時間以上歩いて、ついにアロータウンに着いた。
アロータウンはクイーンズタウンより小さな街で、200bくらいのメインストリートがあり、そのストリートにたくさんのアイスクリーム屋さんがあった。日本のダブルのアイスクリームは縦に2つ乗っているけど、ココのダブルは横に2つ並んでいる。素材の味が出ていてうまかった。
帰りはヒッチハイクをしてみた。人生初のヒッチハイクだったけど、車がなかなか来なかったので30分くらいかかってしまった。行きで4時間かかった道のりを帰りは15分で帰ってしまった。

9月16日 リマーカブルズ
次の日にクイーンズタウンを発つので、実質この日が最終日。最後はやっぱりスノーボードと思い、リマーカブルズに行った。最後だと思うとちょっとセッカチになって、ほとんど休憩を取らずに滑っていた。
この日はリマーカブルズで仮想ジャンプ大会が開催されていた。これはジャンプと仮想の両方で採点されるもので、ランディングがプールになっている。ほとんど仮装がメインだけど、ダブルバックフリップやってる人がいた。SM嬢の格好していた女の人がポロリしていた。^_^;

9月17,18日 → オークランド → 帰国
最後にどうしてもPLANETZのサーモンライスが食べたくなった。11時集合時間でPLANETZの開店時間が11時なので厳しい事を承知でPLANETZに行き、開店と同時にサーモンライスを注文した。商品を受け取ると、ダッシュで戻り、5分遅刻で集合場所に行き、空港でサーモンライスを食った。
クイーンズタウンを発ち、クライストチャーチを経由してオークランドに着いた。
この日はオークランドに泊まるので、半日観光が出来た。オークランドには信号があった。でも、変わるスピードが速い。3秒くらいかな?日本と同じ感覚で行くと騙されたカンジになる。
街を歩いていたら、インドカレー、寿司、中華、焼肉、ラーメンなどの屋台街を見つけた。たらふく食べても低価格。ご機嫌になってホテルに帰った。
次の日は朝5時起きで空港に行き、飛行機に乗って帰国した。


テレビに影響されて、勢いで行ったNZ。そこには日本と違う何かがあった。言葉でうまく表現をする事が難しいが、自然のパワーというか、何かを吸収した気がした。今までよりもっとスノーボードが好きになったし、今までよりもっと海外に興味をもった。いいトリップが出来たと思う。
松ぼっくりでかっ!! バンジーを下から見るとこんなカンジです。 ここを滑りました。
絶景! 動くレール ガッチャマンやってました
ヘリスノーボードのひとこま PLANETZ サーモンライス


M E N U
海外スノーボード日記
ニュージーランド / カナダvol1 / カナダvol1.5 / カナダvol2
国内ゲレンデガイド 北海道 / 東北 / 関東
海外ゲレンデガイド ニュージーランド / カナダ / アメリカ


いっしーはこんな奴

下野国掲示板

リンク


スノーボードコラム
ニセコ
パウダーの魅力
はじめてのスノーボード
ゲレンデマナー
怪我とスノーボード
メンテナンス
山篭りHOW TO
はじめての海外トリップマニュアル
海外トリップのために
雪道運転マニュアル
天気とスノーボード

etc日記

カナダvol2のつづき

屋久種子日記